大統領クラスの要求をするスターは誰だ?

わがままっぷりがすごすぎてまたも話題に上がっちゃったアリアナ。

この情報は、最近テレビ番組の撮影でアリアナと一緒に仕事をしたスタッフからの情報だ。

「大統領が来たような騒ぎでしたよ。」New York Postの情報だ。「みんなストレスが溜まってました。それにみんなアリアナのことをバカにしてましたね、だって何でも無いようなことで大騒ぎしてるんですもん。」

関係者は、アリアナの態度の悪さは相当目に付くと語った。それと同時に、アリアナの態度の悪さが現場を凍り付かせちゃってるみたい。

「アリアナは周りの人間にいっつも偉そうに話してるんですよ」と関係者は付け加えた。

アリアナは最近「わがまま歌姫」のイメージを消そうとしたけど、無駄だったかもね。

オーストラリア滞在中にも、撮影会をキャンセルしたり、左側からだけ撮影しろと要求したり相変わらずなご様子。

しかしアリアナは「正面から撮影しなきゃ無いって契約じゃないでしょ?あれは、私が正面から撮られるのがイヤだから向きを変えたら、フォトグラファーが勝手に怒りだしたってだけの話。」と反論している。

「あのフォトグラファーはくだらないうそばっかり言ってるみたいね。でもね、あれは全部嘘だし、無意味なことね。ファンは私のことを分かってるし、私の友達も私のことを分かってる。それが全てよ。」

E!Newsの人気女性司会者ジウリアナランシックも、去年のアメリカンミュージックアワードでのアリアナの自己中っぷりを暴露している。その自己中な行動というのが、レッドカーペットでの撮影の時、ポジションが気に入らなかったアリアナは広報チームに「ポジション変更して」と命令し、お望み通り、大好きな左側から撮影されるように仕向けたっていう話だ。ジウリアナは「ポジション変更しないなら、インタビューは無し、っていう態度だったわ。」と話している。

「もし大物歌手のマライアキャリーだったら、どこからでも撮るし、はしごに登ってでも撮る、そりゃ何だってやるわよ。でもそれが新人歌手だったら話は違う、まずは周りに信頼されなきゃだめね。まずは彼女がなんだってやらなきゃダメよ。まずはいい評判を作って、周りの人を喜ばせるために頑張らなきゃ。」

P.S.
最近、たまに読むラノベが楽しくてたまんないです。おすすめライトノベルを紹介したいですが、また次回にしときます。

アリアナグランデ、噂話に爆笑??

彼女が最近の講演後のファンについて、ひわいなことを言ったというニューヨークデイリーニュースの報道が原因で、
「気性の激しい」行いに関するうわさが、21歳の歌手を直撃した。

今、そのスターは彼女の立場を主張するためにツイッターをしている。

「最近、私について出ているいくつかのうわさで実際に大声で笑われています。…本当に真剣に受け止めることが
できない。」と、彼女はファンに主張した。

「遅かれ早かれ、人々はあなたが出したものはあなたに返ってくるものであると認識するでしょう。うそ、憎悪など。
私は愛情を与え、あなたにとってよりよい人生にすることを約束します。」

「私は以前言ったことがありますが、真実だと約束します。あなたが広げているもの、あなたが発信しているもの、
あなたにかえってくるもの、愛と人生がすばらしくなるでしょう。」

コンフィデンティ(Confidenti)によれば、アリアナは署名し、写真に向かってポーズをしている。彼女はそれから
エレベーターに乗ったと言われている。

「ドアーが閉まると彼女は、『f”king(日本語訳が分からなかったので、英語のままにしています)が死んで欲しい』
と叫んだ」と関係者は言った。

オーストラリアで公開写真の撮影中に短い弁明をしたところだ。報道によれば、彼女は自然の光を避けたいと要求して
左側から移動するべきだということだ。

「愛、愛、愛、愛、愛、愛、愛、オーケー?ここにあなたへの多くの愛があります。親切でない人にもあなたへの愛が
あります。あなたがそれを必要としている。」と、アリアナはつぶやいた。

「引用しないで、愛をシェアして、あなたに与えて、あなたに広げて」

幸運にも、うわさが原因によるアリアナの人気に影響は出ていない。Jossie J.、Nicj MinajとLggy Azaleaとコラボし
ていて、昨日のMTV EMAノミネーションで指名されていた売り出し中の若手歌手が出演している。

友達がカッコイイ洋楽をまとめて紹介してくれてます。洋楽好きな人は要チェック♪